【代々木公園/代々木八幡のフレンチ酒場でマリアージュ三昧?】グラスワイン約30種×カニクリームコロッケ・トリュフカルボナーラ・鴨肉の鉄板焼き

更新:2016年09月26日

この記事は約6分で読めます。

【代々木公園/代々木八幡のフレンチ酒場でマリアージュ三昧?】グラスワイン約30種×カニクリームコロッケ・トリュフカルボナーラ・鴨肉の鉄板焼き

東京メトロで来れば「代々木公園」、小田急で来れば「代々木八幡」だ。二つの駅はとても近いが、別の駅だし、別の路線だ。こんなに近いのに。東京はすごいなあ、と、こういうときに思う。田舎じゃこうはいかない。田舎の駅とは「同じ土地にいくつもある」ものじゃない、駅は「ある」か「ない」かだ。

そんな前置きを心の中でつぶやきながら、地方出身者の編集長D、代々木公園の(便宜上「公園」の方に統一します、すみません「八幡」さん)とあるお店のドアを開けた。店名を聞けば「なのるなもない」と言う。まあそうおっしゃらずに、と目を移すと本当に「nanoru namonai」と書いてある。ははあ、さようでしたか。

そんな「nanoru namonai」さん、オープンなカウンターとテーブル席がいくつかの気軽なフレンチ酒場だ。カウンター越しに見えるキッチンでは、シェフが鉄板とにらめっこ。そう、こちらのお店、鉄板焼きで供されるお肉が、お・に・く、が、文字通りのテッパンというか、もう決してハズさない、最高のディッシュ!なのだ。

「nanoru namonai」オープンなカウンターとテーブル席がいくつかの気軽なフレンチ酒場

そして「バッカスの選択」としては忘れちゃいけない、アンフォーゲッタブル、お酒、お・さ・け、であるが、なんといっても目を引くのがグラスワインの種類。フツーね、あーた、グラスワインったら「赤3つ、白3つ、あ、ロゼもあるのね、どうしようかな……」の世界ですよ。が、ここには常備しているものだけでおよそ25種、+αでその時々のゲストワインを合わせると、だいたい30種ぐらいは常にグラスワインの用意がある。常に、というのがすごい。

「nanoru namonai」さんとしては、「いろいろな個性のワインをできるだけ楽しんでほしい」そして「他ではあまりやってないことなので」と始めたこだわりなのだそう。フレンチ酒場なので王道フランスワインが中心かと思いきや、イタリア、ドイツ、スペイン、そしてアメリカ、オーストラリアと、エリアもキャラも本当にふり幅のあるワインがズラリ。それが気軽にちょっとずつ味わえる。女性のお客さんには嬉しいはず、と思ったら、実際に好評なのだとか。

カニクリームコロッケ VS 自然派無添加ワイン
【代々木公園/代々木八幡のフレンチ酒場でマリアージュ三昧?】グラスワイン約30種×カニクリームコロッケ・トリュフカルボナーラ・鴨肉の鉄板焼き

こちらの記事もおすすめです!