水曜夜の黄金コンビ レモンビール&砂肝のガーリック炒め

更新:2016年03月01日

この記事は約3分で読めます。

水曜夜の黄金コンビ レモンビール&砂肝のガーリック炒め

爽快感が突き抜けるキンキンのレモンビール

毎週水曜日になると疲れが溜まってくるのか、キンキンに冷えたレモンビールが飲みたくなる。そんな時必ず一緒に用意するのが、「砂肝のガーリック炒め」だ。
実家の父がビールを飲むたびに、母にせがんで作ってもらっていた料理。あまりにもおいしそうに食べるので、自分もつられて食べて以来すっかり虜になっている。

この週半ばの「お楽しみ晩餐」の準備は、まず素材の確保から。
最初に、レモンビール(日本ビール醸造株式会社、330ml、420円)を近所の酒屋で入手。自宅の冷凍庫へグラスと一緒に冷やすこと20分。氷のように引き締まったグラスに、冷えたレモンビールをゆっくり注ぐ。ビール独特の、泡が踊る音が聞こえたら、もう喉が我慢できなくなってくるから不思議だ。

妙に慌てながら、最初の一口を飲み干す。
「さあ、レモンが来るぞー!」
全身で構えていると、最初に来るのは意外にも柑橘系のフルーティな味。まるでカクテルを味わっているかのようで、ふっと気を抜いてしまう。次の瞬間、レモンの爽快感が突き抜けた。痛い。こめかみまで。でも、たまらなく美味しい!
冷気によって引き出されたレモン味は格別だ。ビール自体さっぱりしてクセがないので、気を付けないとあっという間に一瓶空けてしまう。危険危険。
とはいっても、アルコール度数は4%と低めなので炭酸ジュースのように飲みやすい。しかも、たっぷり含まれているレモン果汁がなんだか健康的で、まったく罪悪感がない。女性に人気なのも納得。

コリコリ、ジュワ!香ばしい砂肝が抜群に合う
水曜夜の黄金コンビ レモンビール&砂肝のガーリック炒め

こちらの記事もおすすめです!