【暑い日にもオススメの爽やかコンビ!】フレイバー日本酒と枝豆のカリカリ揚げ

更新:2016年07月28日

この記事は約2分で読めます。

【暑い日にもオススメの爽やかコンビ!】フレイバー日本酒と枝豆のカリカリ揚げ

暑い季節、キンキンに冷えたビールもいいですが、シュワっと爽やかなフレイバー日本酒はいかがですか?

今やスパークリング日本酒は数多く発売されています。その波を受けて最近は果物などの風味をまとったフレイバー日本酒も徐々に浸透しつつあるんですよ!

香り・味ともにしっかり!でもしつこくない!爽やかな「りんご味のうたかた」

今回ご紹介するのは「りんご味のうたかた」です。月桂冠の「うたかた」は他には類を見ない良い香りが特徴。シリーズの一つであるこの「りんご味」はその香りも受け継ぎつつ、しっかりとりんごの味も主張します。

りんご味のうたかた

なんといっても青森産りんご使用ですから、納得です。だからといって甘すぎることもないので、炭酸と相まってとても爽やかな飲み口。まるで学生時代の夏、部活から帰ってきて一番に飲む冷たいサイダーのようです!

りんご味のうたかた

みんな大好きカリカリ食感!夏でも止まらない「枝豆のカリカリ揚げ」

さて、この爽やかな「りんご味のうたかた」に合わせたいのが「枝豆のカリカリ揚げ」です。

枝豆のカリカリ揚げ

「夏に揚げ物は重いんじゃない?」と思うかもしれません。いえいえ、そんなことはないんです! このカリカリ揚げはスティック状なので、揚げ物というよりスナック感覚。その名の通りカリカリサクサクと、一度食べ始めたら止まりません。

「カリカリ揚げ」は作り方も簡単!

カリカリ揚げは出来合いのものも売っていますが、簡単ですので作ってしまいましょう!

<作り方>

【1】春巻きの皮を半分に切る
【2】さやから取り出した枝豆を皮の上に一列に並べる
【3】棒状に巻いて、端を片栗粉で張り付ける
【4】油で揚げたら出来上がり!

「りんご味のうたかた」と「枝豆のカリカリ揚げ」

中身が枝豆だけなので、思ったほど油っこくなりません。また味付けは枝豆についている塩だけなので、夏にうれしいさっぱりした味です。

もっとヘルシーにしたい方は揚げずに、軽く油を塗ってトースターなどで焼くのもアリですね! またチーズがお好きな方は、中身を枝豆からチーズに置き換えただけの「チーズのカリカリ揚げ」もオススメです。

まとめ

このカリカリ揚げは、その食感から子供たちにも好評なメニューです。夏休みのお子さんたちに手伝ってもらって、たくさん作ってみんなでもりもり食べるのも良いですね。もちろん、「りんご味のうたかた」とのカップリングはオトナだけのお楽しみですが。

「りんご味のうたかた」と「枝豆のカリカリ揚げ」

“スッキリ”フレイバー日本酒と“サッパリ”カリカリ揚げによる夏の爽やかコンビ。互いにりんごと豆の味がしっかり出てくるのもポイント高いですね。もちろんこのコンビは一年通してオススメですので、秋の月見酒、冬の雪見酒、春の花見酒まで、揚げる素材もいろいろ変えたりしてぜひお試しください!

(バッカスの選択・ライター HIROHARU

【暑い日にもオススメの爽やかコンビ!】フレイバー日本酒と枝豆のカリカリ揚げ

こちらの記事もおすすめです!