【クラフトビール界に新兵器登場?】一足先に体験と称して「グランドキリン」「よなよなエール」etcと絶品つまみを片っ端から味わってきた話

更新:2017年05月15日

まずは「スプリングバレーブルワリー」から4銘柄。その1本目「496」。合わせるフードは「極上仙台牛のグリル」。

苦味が引き立つ「496」の味わいが、絶妙な焼き加減による豊富な肉汁&程よい脂の旨味と計算されたようにクロスしてます。うま!

続いては「COPELAND(コーブランド)」。フードは「カニ肉たっぷりコロッケ」。

カニ肉もりもりの贅沢仕様なコロッケの甘味に、「COPELAND」のほのかな麦の甘さが濃厚マッチングしてます。うま!

「スプリングバレーブルワリー」3本目は「on the cloud」。相方メニューは「牡蠣の酒蔵蒸し」。

牡蠣はなんつってもクリーミー。それが日本酒で蒸し上げているので香りが華やか。ビールよりも白ワインとかの方が……、と思うでしょ、でしょ……なんと、「on the cloud」はまさに辛口白ワイン風のスッキリ爽快フレーバーで激ハマりなんです。うま!

そして「スプリングバレーブルワリー」のラスト4本目が「Afterdark」。これにはなんと「ガトーショコラ」を合わせます。

というのもこの「Afterdark」、コーヒーを思わせるフレーバーの黒ビールなんですね。どうりでスイーツとの相性 がいいわけです。これはもう「酒とツマミ」という概念ではなくて、「新感覚のデザートタイム」でしょうか。パラダイムシフト!うま!

お次はあの「よなよな」他が登場です!
【クラフトビール界に新兵器登場?】一足先に体験と称して「グランドキリン」「よなよなエール」etcと絶品つまみを片っ端から味わってきた話

こちらの記事もおすすめです!