アサヒビール りんご果汁18%使用・アルコール度数7% 濃厚でみずみずしい<はちみつ林檎>の味わい

未分類
更新:2016年09月13日

この記事は約3分で読めます。

「アサヒカクテルパートナー」<特濃シリーズ>より、秋の期間限定フレーバー登場

0913asahi_2

秋になると一層美味しくなるのがリンゴ。蜜が入ったリンゴは本当に美味しいですもんね! それが、お酒でも味わえちゃうってんですから、どうせ酔うなら飲まなきゃ損損!

—–

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、RTD(※1)の主力ブランド「アサヒカクテルパートナー」<特濃シリーズ>より、期間限定フレーバー<はちみつ林檎>(缶350ml)を、2016年10月4日(火)(※2)から全国で発売します。
(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。
(※2)2016年9月21日(水)より、全国のコンビニエンスストアにて先行発売します。

『アサヒカクテルパートナー期間限定はちみつ林檎』は、秋から冬にかけて旬を迎えるりんご果汁を18%使用し、はちみつを加えて仕上げた缶カクテルです。アルコール度数7%による力強い飲みごたえと、濃厚でみずみずしい味わいが楽しめます。シナモンフレーバーが隠し味です。

パッケージデザインは、鮮やかな赤色のベースカラーに、高級感のあるゴールドの文字で、商品特長である「特濃」の文字を缶体中央に大きく記載しています。はちみつのかかったりんごのイラストを配することで、濃厚な味わいを表現しました。

「アサヒカクテルパートナー」は、1997年の発売以来、今年で20年目となるロングセラーブランドです。“果実をミックスした、オトナの甘さ”というコンセプトで、豊富なラインアップで選べる楽しさやおいしさを提案しています。昨年5月より、アルコール度数7%で、贅沢に果汁を使用したプレミアムRTDとして、通常フレーバーより、約20円希望小売価格を高く設定した<特濃シリーズ>を展開しています。<特濃シリーズ>発売以降、従来の30~50代女性を中心としたご支持に加え、アルコール度数高めのRTDをご愛飲される30~40代男性にも飲用層を拡大しています。

アサヒビール(株)は、『アサヒカクテルパートナー期間限定はちみつ林檎』を発売することで、30~40代男女のRTDユーザーを中心として、ブランドのさらなる需要拡大と存在感向上を目指します。

商品名 アサヒカクテルパートナー期間限定はちみつ林檎
品目 リキュール(発泡性)①
容量 缶350ml
アルコール分 7%
果汁含有量 18%
発売日 2016年10月4日(火)
発売地域 全国
希望小売価格 160円(消費税抜き)
ブランドサイト http://www.asahibeer.co.jp/cocktailpartner_tokunou/

*希望小売価格は単なる参考価格であり、酒販店様の小売価格設定を拘束するものでありません。

 

—–

「オトナの甘さ」ですからね。そこに隠れている酒呑み系スイーツオヤジたち! このチャンスに「ホントは甘いの大好きなんです!」とカミングアウトしちゃいましょう。

アサヒビール りんご果汁18%使用・アルコール度数7% 濃厚でみずみずしい<はちみつ林檎>の味わい

こちらの記事もおすすめです!