フランス・アルザス地方の白ワインにはタルトフランベ!簡単で安価な作り方を伝授!

更新:2016年05月11日

この記事は約3分で読めます。

フランス・アルザス地方の白ワインにはタルトフランベ!簡単で安価な作り方を伝授!

自分だけかもしれないが春になるとアルザス地方の辛口白ワイン「リースリング」が飲みたくなる。初めて飲んだのが春だったからだろうか、それともエチケットの黄色とボトルの緑色が菜の花を想起させるからだろうか。とにかく無性に飲みたくなる。

アルザス地方のワインは独特である

アルザス地方のワインは非常に独特である。頭ひとつ分、背が高いのがアルザスワインだ。背の高さだけでなく肩のラインが美しい流線型になっているところも特徴的だ。

アルザス地方のワインは非常に独特である。まずは見た目。上の写真で頭ひとつ分、背が高いのがアルザスワインだ。背の高さだけでなく肩のラインが美しい流線型になっているところも特徴的だ。

次にぶどう品種。フランス北東部の内陸に位置するアルザス地方はワイン大国フランスの中でもかなり独特なぶどう品種を育てている。一般的にワインに使われる有名なぶどう品種といえば「シャルドネ」「ソーヴィニヨン・ブラン」「カベルネ・ソーヴィニヨン」などが思い浮かぶが、アルザス地方では「リースリング」「ゲヴュルツトラミネール」「ピノ・グリ」とあまり有名でないものばかりだ。その中でも今回紹介している「リースリング」が一番多く栽培され、アルザスワインを代表する品種になっている。

ミシュラン三ツ星シェフに認められたバランスのいいワイン

冷蔵庫でよく冷やしたリースリングを出してきてグラスに注ぐ。鼻を近づけてみるとはちみつ、りんご、白桃のような優しい果実と木樽の香りがバランスよくまとまっている。

さて、冷蔵庫でよく冷やしたリースリングを出してきてグラスに注ぐ。鼻を近づけてみるとはちみつ、りんご、白桃のような優しい果実と木樽の香りがバランスよくまとまっている。その果実の香りから甘い味わいを想像するが飲んでみるとりんごやグレープフルーツを感じるすっきりした辛口となっている。甘口ではないが甘いニュアンスのある辛口。そして酸もしっかりある。香り味わい共にバランスよくつくられたワインだということがよくわかる。

リースリングは香り味わい共にバランスよくつくられたワインだということがよくわかる。

ちなみにトリンバックのワインはフランスのミシュラン三ツ星レストラン全軒に置かれているぐらい認められているのだという。

辛口リースリングに合う料理「タルトフランベ」を作ってみた
フランス・アルザス地方の白ワインにはタルトフランベ!簡単で安価な作り方を伝授!

こちらの記事もおすすめです!