【酒呑み系スイーツオヤジのスイーツおつまみレポ】オランジェットをジュラ島のウイスキーで

更新:2016年08月15日

この記事は約2分で読めます。

【酒呑み系スイーツオヤジのスイーツおつまみレポ】オランジェットをジュラ島のウイスキーで

昔の同僚と飲みに行き、2軒目はバルに。アイル・オブ・ジュラ10年のダブルをロックで注文した。ウイスキーというとアイラ島が有名だが、そのアイラ島のすぐ近くにあるのがジュラ島だ。

アイラ島のウイスキーと比べると、アイル・オブ・ジュラ10年はピート感が軽めでやや甘い感じなのが特徴と言えるだろう。泥炭による煙たさが薄いので、ウイスキー初心者にはちょうどいいかもしれない。

アイル・オブ・ジュラ10年のダブルをロックで。

前の店でいろいろ食べてきたので、ここでは軽めのつまみがいい。甘党でもあるので、スイーツ系のつまみを探してみると、見つけた。オレンジコンフィにミルクチョコレートをかけたオランジェットだ。チョコレートとオレンジがウイスキーに合わないわけがない。

オレンジコンフィにミルクチョコレートをかけたオランジェット

それだけではただのスイーツだ。まったく芸がない。だが、このバルではグレンモーレンジィを酔い足しするという。これはファインプレイだ、まさに 「バッカスの選択」向きじゃないか。ところで、酔い足しとは何か? まだご存じない方のために、編集長Dの解説をコピペするので読んでもらいたい。「『料理を美味しくする脇役としてお酒をちょい足しする技法』のことで、我々が勝手に提唱している酔狂なテクニックである」。

そういうことである。酔い足しこそ、われわれの専売特許。スプレーに入った艶美なグレンモーレンジィがそこにいるのに、酔い足ししないなんて考えられない。据え膳食わぬはなんとやらだ。

スプレーに入ったグレンモーレンジィ

アイル・オブ・ジュラ同様、グレンモーレンジィもスモーキーさが弱く、バニラ香が漂うシングルモルトウイスキーだ。スプレーに入ったグレンモーレンジィを、シュッシュと吹き付ける。チョコレートの表面に吹き付けられると、オランジェットがそれまで見せていなかった表情に変貌する。光沢のある表面が妙に妖艶だ。

グレンモーレンジィを、オランジェットに吹き付ける。

グレンモーレンジィをまとい艶やかなオランジェットは、より味が際立つ印象を受けた。チョコレートの甘さとわずかな苦み、オレンジの酸味と皮部分の苦み、それらすべてが。全体的に甘さと苦みが入り混じったオランジェットと、バニラ香でやわらかい味わいのアイル・オブ・ジュラは見事にマッチする。手前みそだが、酔い足しってホントに素晴らしい。

酔い足しでワンアップした彼女(オランジェット)と、英国紳士(アイル・オブ・ジュラ)の大人な関係。酒呑み系スイーツオヤジにはたまらないマリアージュだった。今後も、“スイーツつまみ”を探していきたい。

酔い足しでワンアップした彼女(オランジェット)と、英国紳士(アイル・オブ・ジュラ)の大人な関係

(バッカスの選択・編集長C アッサーノ

【酒呑み系スイーツオヤジのスイーツおつまみレポ】オランジェットをジュラ島のウイスキーで

こちらの記事もおすすめです!