【ジャケ買いとジャケつまみ】「古酒 猫また焼酎」で猫&かつお節を楽しむ♪

更新:2016年05月26日

この記事は約2分で読めます。

【ジャケ買いとジャケつまみ】「古酒 猫また焼酎」で猫&かつお節を楽しむ♪

ジャケ買い。味わいじゃなく、ラベルのデザインでお酒を選ぶ楽しみ方です。過去にレコードから始まった楽しみ方ですが、今では日本酒、ワイン、焼酎の世界にも広がっています。センスの良いラベルはテーブルに花を咲かせます。そして、そのストーリーを想像することも楽しい。今回は思わずジャケ買いした焼酎についてご紹介します。

妖怪? 化け猫?「古酒 猫また焼酎」

猫好きでお酒好きな方なら、このお酒の前を素通りできないはず。それが「古酒 猫また焼酎」です。尻尾が2本に生えた怪しい猫のラベル。可愛くはないけれど、どこか引き込まれて購入しました。

「古酒 猫また焼酎」です。尻尾が2本に生えた怪しい猫のラベル。

「猫また」とは猫の妖怪。年老いた家猫がある日尻尾を2本に裂き、人の言葉を話し出します。いわば化け猫。うーん、全然怖くない! むしろ可愛い! 化け猫でもいいから、我が家の猫ちゃんも猫またになって欲しいくらいですね。

猫又にたぶらかされてはなりませぬ

ジャケ買いからの、ジャケつまみ!

さて、味わいも知らず買った焼酎。何をつまみに飲みましょうか。今回はラベルに合わせて、猫の好物、かつお節をふんだんに使ったお料理をチョイスしました。

「猫また」のラベルから想像しておつまみを用意する。「冷奴」「ピーマンとチーズのおかか和え」「お好み焼き」とかつお節づくしで用意しました。

ラベルから想像しておつまみを用意する、「ジャケつまみ」も楽しいものです。合うか合わないかは、まさにギャンブル。でも、負けたって全然悔しくないのです。今回は、「冷奴」「ピーマンとチーズのおかか和え」「お好み焼き」とかつお節づくしで用意しました。

熊vs猫? 味わいは「熊」にはない妖艶さ
【ジャケ買いとジャケつまみ】「古酒 猫また焼酎」で猫&かつお節を楽しむ♪

こちらの記事もおすすめです!