11月2日発売!「現地の台所でかあさんに作ってもらった、台湾家庭料理レシピ」

更新:2016年11月01日

この記事は約2分で読めます。

私、台湾料理が大好きです! その昔、横浜元町で働いていた頃、毎日のように中華街の台湾料理屋「秀味園」へ行ってました。
今でこそ改修されて立派なお店ですが、当時は、まるで知人の家に上がり込む様な民家スタイルの台湾料理店でした。
そこで出される魯肉飯(ルーローハン)は、今でも食べたくなる逸品です。
「現地の台所でかあさんに作ってもらった、台湾家庭料理レシピ」の中で紹介されている料理には、どんなお酒が合うのでしょうか。
是非 試してみたいです。

現地の台所でかあさんに作ってもらった、台湾家庭料理レシピ バッカスの選択

さまざまな美食で、 旅人を惹き付ける台湾。
屋台、 レストラン、 夜市、 外で食べる料理の数々もいいけれど、
台湾の人たちが家で食べている「家庭料理」はそれらの外食とちょっと違うのをご存知ですか?
たとえば、 ざざっと炒めるだけの簡単なおかずや麺、 昔ながらの保存食、
定番の魯肉飯だって家庭ごとに作り方や味が違うんです。
そんな、 台湾の人たちが実際に食べている家庭料理を
料理上手なかあさんたちに作ってもらいました!
キーワードは「家族への愛情」と「それぞれのファミリーの背景」。
何代も台湾に住んでいる、 正統派台湾っ子ファミリーの味。
比較的新しく中国からやって来た台湾人の家庭は、
台湾料理と中国料理のミクスチャーな味がいろいろな土地の風土を感じさせてくれる味。
元は厳しい山中に住んでいたため、 保存食や独自の文化を持つ客家ファミリーの家庭の味。
実はベジタリアンパラダイスな台湾。
そんな台湾らしいベジタリアンファミリーの肉なし、 けれども美味な創意工夫の味。
かあさんたちのレシピはかなり豪快なので、 通常の料理レシピ本とは違います。
「これがウチ流なのよ」。
そう語るかあさんたちの愛情たっぷりな味をレシピから感じ、
自分流にアレンジして楽しんでもらえたらと思います。
そして、 いろいろなかあさんと家庭を通して、 その文化も感じて欲しい。
もっともっと台湾に近づくきっかけになって欲しい。
そうした思いを込めて作った本です。
実際に台湾のかあさんたちの台所にお邪魔して、 家庭料理を作ってもらいました。

現地の台所でかあさんに作ってもらった、台湾家庭料理レシピ バッカスの選択

現地の台所でかあさんに作ってもらった、台湾家庭料理レシピ バッカスの選択

【書籍概要】
書 名:『台湾かあさんの味とレシピ』
編 集:台湾大好き編集部
仕 様:A5判、 192ページ
定 価:1500円+税
配本日:2016年11月2日(水)
ISBN:978-4-416-4416716338

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/

(バッカスの選択・編集部

11月2日発売!「現地の台所でかあさんに作ってもらった、台湾家庭料理レシピ」

こちらの記事もおすすめです!