【財布に優しい大吟醸!】「越後桜 大吟醸」と簡単“夏ごぼう”の漬け物

更新:2016年07月26日

この記事は約3分で読めます。

【財布に優しい大吟醸!】「越後桜 大吟醸」と簡単“夏ごぼう”の漬け物

新潟県阿賀野市にある越後桜酒造。「白鳥の渡来地」として有名な、瓢湖(ひょうこ)のほど近くにある酒蔵です。ここ最近「越後桜」が全国的に高い評価を受けており、より多くのニーズに応えるべく明治初期に建造され新潟地震をも耐えた旧蔵から、より近代的な設備を備えた新たな蔵に全面改修されています。こちらで造られている酒が「越後桜」。味わい深く、飲みやすいすっきりとした飲み口が高い人気の要因でしょう。

このクオリティでこのコスパ!

しかし、人気の理由はそれだけではありません。なんといっても「越後桜」の推すべき点は、その驚きの価格です。通常日本酒だと1.8Lで2,000円前後が安いと言われる価格ですが、「越後桜」の場合、普通酒1.8Lが1,018円、大吟醸でも1.8Lで2,422円ほどの価格で手に入れることができます。

ただ、安いからといって味も安いわけではありません。口に含んだ瞬間に醸しだす深い味わいは、一流どころの酒にも匹敵する旨さです。全国的に評価が高いのも納得です。この価格でしたら、大吟醸でも気軽に手に入れることができますね。

「越後桜」

アルコール度数:15.6度
日本酒度:+4
酸度:1.3
原料米:山田錦他/精米歩合:50%

白鳥が舞う瓢湖の近くで湧き出る清涼な水と国産の米。そして杜氏の伝統の技で生み出された大吟醸は、その華やかな香りとすっきりとした後味が後を引く美味しさです。日本酒特有のクセが少なく、フルーティーな味わいは、日本酒初心者の女性にもオススメ。唯一困った点を挙げるならば、その飲みやすさでつい飲みすぎてしまうところでしょうか。それほどまでにスイスイと飲むことができる銘酒です。

合わせるならば、やはり旬の食材。「新ごぼうの漬け物」のつくりかた
【財布に優しい大吟醸!】「越後桜 大吟醸」と簡単“夏ごぼう”の漬け物

こちらの記事もおすすめです!