【210組み合わせ全査定に挑戦】ジャパニーズウイスキーに合うツマミを独断せよ(7)

更新:2016年03月28日

この記事は約2分で読めます。

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

ベストマッチ「イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル」編

日本のウイスキー6本×ツマミ35種の組み合わせを総当たり戦で全査定する、独断と偏見の「210番勝負」。(3)~(8)では各銘柄でベストマッチに輝いたツマミをカウントダウンしていく。今回は「イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル」編だ。 ※ウイスキー6本とツマミ35種は(1)(2)で紹介している。

【第3位「しば漬け」】

第3位「しば漬け」

風味の選択と集中を経て、潔くソルティに特化したホワイトラベル(以後WL)。その清々しい決意を、しば漬けの端的な塩気は決して茶化したりしない。それどころかWLが断腸の思いで手放した甘さを、そっと補完してみせる。控えめで生真面目。泣かせるじゃないか。

【第2位「明太子」】

第2位「明太子」

白飯の方が合う?ふむ、一理ある。だが思うツボだ。プリーズ・イマジン。ソルティ一点突破のWLが発する芳香は、ふっくら炊き立てご飯に粗塩と白胡麻を混ぜた、おにぎり手前のアレを彷彿させるのだ。お分かりいただけただろうか。では諸君、魚卵コーナーで会おう。

「イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル」にベストマッチな第1位は…!!
【210組み合わせ全査定に挑戦】ジャパニーズウイスキーに合うツマミを独断せよ(7)

こちらの記事もおすすめです!