【210組み合わせ全査定に挑戦】ジャパニーズウイスキーに合うツマミを独断せよ(2)

更新:2016年03月24日

この記事は約4分で読めます。

日本のウイスキー6本×ツマミ35種の組み合わせを総当たり戦で全査定する「210番勝負」。(1)でウイスキーを紹介したのに続き、ここでは私の胃袋に突撃するのを武者震いしながら待っているツマミたちをザザザッと紹介する。

もちろん、これらがあまたあるこの世のツマミを代表している確証はなく、やはり当方の「独断」でチョイスした35品でしかないが、一応選出に際しては基準のようなものを設けた。

【1】入手簡単&準備簡単なもの
本記事をお読みいただいた愛すべき呑兵衛諸氏が今日明日にでも試せるよう、スーパーやコンビニ、惣菜店で容易に手に入るものを選んだ。しかも調理の必要がなく、あったとしても加熱のみの「基本盛り付けるだけ」レベルだ。

【2】日本人にお馴染みのもの
マッチングの相手が「ジャパニーズ」ウイスキーなので、こちらもなるべく日本らしいチョイス。とはいえ必ずしも和食という意味ではなく、「日本人に馴染み深い」という観点から選出したラインナップになっている。

【3】バリエーションが広がるもの
海のもの/山のもの、和の食材/洋の食材、漬け物/乾き物/煮物/発酵食品、しょっぱい/すっぱい/あっさり/甘い、などなど。マッチングの傾向を探るためにも、できるだけ方向性をたくさん出せるメンバー構成を心がけた。

では決戦に臨む35選手を、なんとなくのジャンル別で紹介しよう。

選手入場!(ツマミ編)

【缶詰系】

缶詰系ツマミ

いやいや最近はコンビニで買える缶詰もレベルが高い。手間もかからず保存もきいて、実に戦闘力の高いツマミだ。今回は「ホタテのバター醤油味」「貝柱の燻製油漬」「合鴨スモーク」「スモークドオイスターのオイル漬け」と、乳臭い~煙臭いまでをカバーするチョイス。

【乾き物系】

乾き物系ツマミ

ニッポンのツマミの代表といえば何を置いても乾き物。まして相手がジャパニーズウイスキーなので、やはりこれは対戦カードから外せない。ツマミ界の通奏低音、偉大なるマンネリ「柿の種」、さらに水産加工品の雄「鮭とば」「煮干し」を招集した完璧な布陣だ。

あっさり、しょっぱい、辛い、香ばしい……
【210組み合わせ全査定に挑戦】ジャパニーズウイスキーに合うツマミを独断せよ(2)

こちらの記事もおすすめです!