磯度+10! 肝と食べるつぶ貝刺しがたまらない

更新:2016年03月29日

この記事は約3分で読めます。

磯度+10! 肝と食べるつぶ貝刺しがたまらない

会社の近くにある商店街に、よく行く居酒屋がある。もともと魚屋さんだったところが居酒屋になったという経緯から魚メニューがメインだ。だから、焼き鳥だの、唐揚げだの、ハムカツだの、肉類のメニューは一切ない。その代わりと言ってはなんだが、魚は文句なくおいしい。

秋田の名酒「雪の茅舎」

酒はビール、日本酒がメインで置いてあるのだが、だいたい1杯目から日本酒を注文する。ビールは頼まない。お腹が膨れるからだ。お腹がいっぱいになっては、旨いつまみが食べられない。酒と食はセットだから楽しいのだ。

日本酒の銘柄は、おおよそ「剣菱」「五橋」「浦霞」が常備してある。その日は、「雪の茅舎」が置いてあった。秋田の斎彌酒造という蔵元がつくる日本酒だ。斎彌酒造は明治35年創業で100年以上の歴史がある老舗。「雪の茅舎」という酒の名前だが、斎彌酒造に来ていた作家が雪が積もる茅ぶき屋根の農家からインスパイヤーされ、その名がついたと言われている。

そんな「雪の茅舎」だが、今回は山廃純米。これは、2008年のISC(International SAKE Challenge)トロフィー賞純米部門を受賞した逸品だ。まさしく、“お墨付き”の味わいである。辛口・甘口を判断する基準の日本酒度は+1、酸度は1.9とニュートラルな数字だ。口に含むと甘味が広がり、軽やかで飲みやすい味わいである。さて、アテは何にするか。

秋田の名酒「雪の茅舎」

肝と食べると最高のつぶ貝
磯度+10! 肝と食べるつぶ貝刺しがたまらない

こちらの記事もおすすめです!