【ホワイトベルグ×夏野菜】爽やかなホワイトビールとシャッキシャキのピーマン料理でまだまだ「終わらない夏」セッション!

更新:2016年09月01日

おもてなしにも最適!生ピーマンをお皿に見立てた最強のツマミ「ひき肉ピーマン」でホワイトベルグをお出迎え

生ピーマンをお皿に見立てた最強のツマミ「ひき肉ピーマン」

「この料理は美味いですよ~」とビール好きには言い切れる自信があります。それは何故か?ビールに合う材料しか使っていないからです!実際「お店の新メニューに出したい」という声があがったことも!

【まずは「タネ」作りから!】

「ひき肉ピーマン」のタネ作り

ピーマンにひき肉を乗せるだけのシンプルな料理だけに、味付けがこのおツマミの生命線。この「タネ」の味付けを間違ってしまうと、ビールを惹きつける力が弱まってしまうのでお気をつけ下さい。セッションがすぐに終わってしまいます。ポイントはただ1つ。「濃く」味付けをする事です!

【隠し味の二大巨頭「味覇・ウェイパー」「豆鼓醤・トウチジャン」】

隠し味の二大巨頭「味覇・ウェイパー」「豆鼓醤・トウチジャン」

料理好きにはすでにメジャーな調味料ですが、色々と試した結果「タネ」作りにこの2つは欠かせない事が決定しました。ここだけは省略しないで頂きたい。味のコクと締まりがまるっきり変わってきます。

【にんにくと生姜を大胆に!】

にんにくと生姜

味的にはチューブの物でも変わりないですが、特に生姜は刻んだ生姜を使った方が触感も楽しくてオススメです。ひき肉から油がたくさん出るので、炒める時は油をひかなくても大丈夫。そしてとにかくポイントは味付けを濃くする事!「タネ」を作る時には味見しながら「ちょっとしょっぱいかな?」「ちょっとにんにく効き過ぎてるかな?」位を目安に、もう少し濃くしてちょうど良い位です。

【材料目安】2~4人分

  • ひき肉         400g位
  • 塩コショウ       適量
  • にんにく・生姜     適量
  • 味覇・豆鼓醤      スプーン1杯位
  • 鷹の爪(辛くしたければ)適量
  • 醤油(お好みで)    適量
  • 玉ねぎ(お好みで・タネのかさ増しにオススメ)

【シャッキシャキの触感を楽しむ、生ピーマンのお皿】

生ピーマンのお皿

ピーマンを真っ二つに切って、タネを盛れるように種を取り出しましょう。写真ではパプリカも使いましたが、緑のピーマンだけでも十分です!

そして完成!「ひき肉ピーマン×ホワイトベルグ」!!!
【ホワイトベルグ×夏野菜】爽やかなホワイトビールとシャッキシャキのピーマン料理でまだまだ「終わらない夏」セッション!

こちらの記事もおすすめです!