【大阪・千日前でジビエを喰らう】「なんば赤狼」ビールで味わうワイルドなワニ肉

更新:2016年09月13日

この記事は約3分で読めます。

【大阪・千日前でジビエを喰らう】「なんば赤狼」ビールで味わうワイルドなワニ肉

普段食べている肉のことを考えてみよう。たいていの人は鶏か牛、豚だ。魚も厳密には肉と言えるだろう。でも、たった4種類の肉を毎日食べ続けて飽きないだろうか。ちょっと変わった肉を食べてみたいという気にならないだろうか。

大阪・千日前でワニの肉!?

そんな願いを叶えてくれるのが本日紹介する大阪・千日前の「なんば赤狼」。

「なんば赤狼」外観

千日前名物「味園ビル」のスロープを上りすぐ。店内に入ると、真っ赤な柱と怪しい輝きの照明がお出迎え。「何とも怪しいところに入ってしまったぞ」と思わせてくれる。でも、店員の方は皆ご親切なので心配ご無用。

「なんば赤狼」内装

さて、この店で取り扱っているのは「ジビエ料理」。滅多に手に入らないワイルドな動物の珍しい肉が食べられる店なのだ。

その中でひときわ目を引くのが、ワニ。そう、あの獰猛で巨大な爬虫類、鰐だ。

そのワニの「足」をいただく。生の状態だと少しぶよっとしていて意外と柔らかい。今回調理するワニはオーストラリア北部に生息するソルトウォータークロコダイル。その名の通り海水と淡水の中間地帯に棲んでいるのだが、大変凶暴で人をも襲うらしい。幸いこちらの店で出されるものは家畜であり、人喰ではないのでご安心を。

ワニ肉

そんなワニ肉、フライドチキンのようにパリッと揚げるとこんな感じ。ガーリックと合わさった香ばしい匂いが鼻をくすぐる。

ワニの肉に合うビールは?
【大阪・千日前でジビエを喰らう】「なんば赤狼」ビールで味わうワイルドなワニ肉

こちらの記事もおすすめです!