【マスターブリュワー直撃シリーズ、エピソード(4)】「ホップ三部作」前編! クラフトビールに“きれいな”苦み?

更新:2016年08月17日

この記事は約5分で読めます。

【マスターブリュワー直撃シリーズ、エピソード(4)】「ホップ三部作」前編! クラフトビールに“きれいな”苦み?

いや~、帰ってきましたよ。編集長Dです。いや、帰ってきたのは私じゃないんですけどね。クラフトビールのシリーズ「Craft Label(クラフトラベル)」の魅力を追いかけるこのシリーズ記事がですよ!帰ってきました!

前回はエピソード(1)(2)(3)の3回にわたり、「Craft Label」の3つのタイプそれぞれの味わいや個性、そして食べ物とのマリアージュのアイデアを、開発の司令塔であるマスターブリュワー氏に直撃したわけですが、今回はそのビールの味と香りを決めるキーファクターのひとつ「ホップ」にグググッと寄りまして、エピソード(4)(5)(6)とまた3本(いわゆる「ホップ三部作」)、やっていきたいと思いやす。ぜひまたお付き合いをお願いしやす。フォースとともに。フォースがなければ、ビールとともに。

ビールづくりの“メインキャスト”ホップの役どころをおさらい
【マスターブリュワー直撃シリーズ、エピソード(4)】「ホップ三部作」前編! クラフトビールに“きれいな”苦み?