【こんなクラフトビールを待っていた】初心者にこそ楽しんでほしい「家飲みクラフト缶」のマスターブリュワーを直撃!(3)

更新:2016年06月29日

この記事は約9分で読めます。

【こんなクラフトビールを待っていた】初心者にこそ楽しんでほしい「家飲みクラフト缶」のマスターブリュワーを直撃!(3)

“普段の家飲みでもいけちゃう”が魅力のクラフトビールの缶シリーズ「Craft Label(クラフトラベル)」。このたび最新作「Craft Label 香り踊るジャグリングIPA」が発売になって、楽しみの幅がますます広がりました! クラフトビール初心者にこそ楽しんでほしい、このシリーズの見どころ・飲みどころ・味わいどころをエピソード(1)(2)とご紹介してきましたが、今回はさらに“合わせどころ”、つまり食べ物とのマッチングをシンキングしてテイスティングしたいと思いましんぐ。

ペールエールにはもちろんジャスト“ミート”

さてエピソード(3)もお付き合いいただきますのは、ジャパンプレミアムブリュー株式会社のたった一人の「マスターブリュワー」新井健司(あらい・たけし)さん。「Craft Label」の“総監督”にして、麦芽とホップが渦巻く銀河のジェダイマスター。今回はシリーズ各商品と「食」の相性について、直々にご指導ご鞭撻を賜りました。

ジャパンプレミアムブリュー株式会社の「マスターブリュワー」新井健司(あらい・たけし)さん

「Craft Label」のラインナップは現在3種類。それぞれの味わいは(2)をご覧くださいね。ということでトップバッターは「Craft Label 柑橘香るペールエール」。日本でよく飲まれるピルスナータイプのビールの“延長線上”にあるバランスの取れた味わいと、柑橘系のフルーティーな香りが特徴。クラフトビールは初めてという人も違和感なく楽しめる“ほどよい個性の強さ”があります。

「Craft Label 柑橘香るペールエール」

「クラフトビールは全体に味が濃厚なものが多いので、料理もそれに負けないような濃い目のものが基本、合います。となると軸になるのはやっぱり肉ですね。比較的さっぱりしたベルジャンホワイト系には魚料理も合うと思いますが」

ですねですね。肉ですね~。ビールに肉、ジャストミート。もう肉々しいやつ、最高です。そんなことでペールエールといただくのはこちら、3種のステーキ盛り合わせ。ドーン!

3種のステーキ盛り合わせ

「ペールエールには正統派の、味がしっかり出ている肉料理。さらにスパイスが効いていたりするといいですね。グレープフルーツやレモンを思わせるフレーバーホップの華やかな香りが引き立てられます。ソースも赤ワイン系やデミグラスなど、やっぱり存在感のあるものがよく合います」

レモン&ペッパーというのは、まあこの世の中でも5本の指に入る食材コンビネーションですからね。この「Craft Label 柑橘香るペールエール」×ステーキ盛りも完璧なマリアージュを味覚と嗅覚に対して全面展開してくるわけです。ええ。ペールエールの適度に混じり合った苦みと甘味が、肉を噛みしめるたびにいちいち、いや本当いちいち肉汁にバッチリ絡んでたまりません。なんとまあ肉々しい関係なんでしょうか。最高です。

「Craft Label 柑橘香るペールエール」×ステーキ盛りも完璧なマリアージュを味覚と嗅覚に対して全面展開してくるわけです。

またスパイシーな肉料理ということでいけば、中華料理やアジア系のエスニック料理のメニューにもハマりそうです。新井さん曰く「ペールエールはカレーも合いますよ」と、まったくもって聞き捨てならない超重要情報もいただきました。もう明日はカレー曜日決定です。

ヴァイツェンはちょっと変化球でいただきタイ
【こんなクラフトビールを待っていた】初心者にこそ楽しんでほしい「家飲みクラフト缶」のマスターブリュワーを直撃!(3)